PRO Drag XJR1300用 フルメタルフルエキゾースト 仕様:メタルブラックサイレンサーマフラー XJR1300 PRO Drag(プロドラッグ マフラー本体 マフラー

95895463

PRO Drag XJR1300用 フルメタルフルエキゾースト 仕様:メタルブラックサイレンサーマフラー XJR1300 PRO Drag(プロドラッグ) マフラー本体 マフラー

PRO Drag XJR1300用 フルメタルフルエキゾースト 仕様:メタルブラックサイレンサーマフラー XJR1300                                                                                                                             PRO Drag(プロドラッグ) マフラー本体 マフラー

XJR1300 エキゾーストパイプ:チタン/サイレンサー:チタン 【エキパイ】FULL METAL(光沢が美しいハイグレードモデル):プロドラッグEXのハイクオリテイーバージョンとして開発。全てのパイプをメタル化。一見、高級クロームメッキに似ていますが、エンジンの熱でゴールドブルーグリーンの非常に光沢有る色が表れます。この化学処理技術はファイア・ブルー(バフ研摩後過熱処理)と違い、ハッキリと顔が写り分子レベルでの表面結晶構造の違いによるもので、サイレンサー同様、防汚力が格段に向上したことで脱脂済(ブレーキクリーナー)ワックス等、一切不要で、軽い水洗いのみで非常にメンテナンス性に優れています。また硬質化したEXパイプにより更に重低音化に成功。1クラス上の排気音が体感できます。尚、フルメタル製品は1本当たりの生産時間が(コスト)が非常にかかり量産向きではない事から完全な受注生産での販売とさせていただきます。時間のかかる分、性能、仕上がり等、最高の製品をご提供致します。【サイレンサー】オーロラ:従来のチタンに特殊な化学処理を11行追加してうまれたオーロラタイプ。メタルチタンの性能の他に、新…



PRO Drag
XJR1300用 フルメタルフルエキゾースト
仕様:メタルブラックサイレンサーマフラー

●素材
エキゾーストパイプ:チタン/サイレンサー:チタン

●カラー
【エキパイ】
FULL METAL(光沢が美しいハイグレードモデル):プロドラッグEXのハイクオリテイーバージョンとして開発。全てのパイプをメタル化。一見、高級クロームメッキに似ていますが、エンジンの熱でゴールドブルーグリーンの非常に光沢有る色が表れます。この化学処理技術はファイア・ブルー(バフ研摩後過熱処理)と違い、ハッキリと顔が写り分子レベルでの表面結晶構造の違いによるもので、サイレンサー同様、防汚力が格段に向上したことで脱脂済(ブレーキクリーナー)ワックス等、一切不要で、軽い水洗いのみで非常にメンテナンス性に優れています。また硬質化したEXパイプにより更に重低音化に成功。1クラス上の排気音が体感できます。尚、フルメタル製品は1本当たりの生産時間が(コスト)が非常にかかり量産向きではない事から完全な受注生産での販売とさせていただきます。時間のかかる分、性能、仕上がり等、最高の製品をご提供致します。

【サイレンサー】
オーロラ:従来のチタンに特殊な化学処理を11行追加してうまれたオーロラタイプ。メタルチタンの性能の他に、新たに光抗菌・光触媒効果(光が当る表面にオゾン活性酵素発生、汚れの原因であるタンパク質を酸化分解)を追加。新しい表面は太陽光を反射すると溶接光のように青白く輝き、角度、光量によりブルーからメタル色、更に透明感ある色へと、又夜間は黒く変化する特徴があります。まさに次世代のハイテクチタンマフラーにふさわしい仕上がりになっています。酸素を生成し環境問題に貢献する地球に優しいマフラーです。
ゴールドライト:メタルチタンの最高級モデルとして開発。特注SUSウールにより更に重低音化。又世界初の(オーロラタイプと同様)光抗菌、光触媒効果も兼ね備えております。当ファクトリーのみの限定品で(価格もメタルチタンを同じ)プロドラッグ一押しのサイレンサーです。
メタルチタン:ナノテクノロジーを駆使した表面凹凸は100万分の6mmを達成。汚れが非常につきにくい他、硬度・強度が格段に優れ、点当時のダメージを最小に軽減するなど、従来のチタンにはない性能を有しております。また、クロムメッキ同様に昼間はメタル色、夜間はガンメタ黒に変化する特徴もあります。最近のウォンウォンカスタム、メッキ仕様のオーナーに大好評を頂いております。
メタルブラック:カーボンに変わる次世代ブラックとして開発。メタルチタンの光沢と軽さに、深みのある黒を併せ持つサイレンサーは、業界では絶対不可能といわれた技術であり、プロドラッグでは以前より持てる技術の全てを注ぎ込み、研究・開発に成功いたしました。メタルチタンの性能の他、ブラックの表面は耐摩耗性が向上し、サイレンサーバンドの傷等が付き難くなっています。内部は新技術のチタンインナーを採用。これは従来品より40%の軽量化と触媒効果により、黒煙の付着を極力抑え、排ガスをクリーンにします。また硬質のチタンインナー表面は音響反射に優れており、更なる重低音に成功。

●仕様
【EXパイプ】3DチタンEX
【集合方式】4in2/レース

●車検対応
音量規制のみ適合

●特徴
【先端技術E.P.E.S(Exhast Pressure Expansion System)導入】
ドラッグマシンのノウハウをフルに取り入れて開発。究極のレスポンスと加速力、大パワーを発生させる4in1集合部。独自のピラミッド形状により、排気流を50.8φにまで強力に圧縮。同時に、エンジンの負圧(真空波)を最大限に利用し、強力な排気脈動を発生させ、段階的に中間パイプを膨張。→54φ→60.5φ(ドラッグマシンのメガホン部に相当)と、スタート時、加速時の強力なトルクを発生させる新たなシステムです。ガラス窓が響く重低音と強力な排気圧により、ブースターが効いたような力強い加速力と、今まで体感した事のないパワーフィーリングがE.P.E.S(特許出願中)の特徴です。日本の最速レーシングチームが自信を持ってライダーにお勧めできる、本物のマフラーです。※メタルチタン・TSG(チタンスラッジガード)処理はレッドモーターの登録商標です 類似品等にご注意下さい。

【3DチタンEX】
排気ロス(うず流)を低減するゆるく美しいカーブの3Dチタンエキゾーストは、パワーUPと軽量化には欠かせない最新テクノロジー。手曲げよりも美しくより正確でしかも熱劣化(熱による強度劣化)、残留曲げ応力(曲げてから元に戻ろうとする力)共にゼロを実現。立体的に見えるカーブはK-FACTORYとの共同開発で、EX単体重量2.2kg、総重量3.4kgを達成しています。美しい青色はパイプの加工時に発色した副産物です。

【新型高性能バッフル付キャタライザー】
排ガス浄化と同時に消音効果も併せ持つ画期的なキャタライザーを開発。浄化技術の最先端が集中する科学ブランド、産業用触媒メーカーと提携し、二輪車初となる高性能セラミック型酸化触媒の開発に成功。排ガス規制対象のCo、Hcの他、トルエン、スチレン、ダイオキシン、ホルムアルテヒド等貴金属を含む有毒ガスも無害化。浄化部分には高品質のプラチナ、パラジウム等貴金属を使用。酸化と同時に触媒燃焼(強力な遠赤外線を発生)により完全に浄化。(排ガス独特の刺激臭が消えます。)又、クラスター方式(分散配置)の従来品のキャタライザーとの連結増設も可能で、将来の排ガス規制強化に合わせて対応できる構造になっています。(実用新案申請中)54φ規格品パイプ径に合わせプロドラッグ全車種の他、他社Exにも幅広く使用できます。プロドラッグ全車種音量94db以下。排ガス規制値対応。その他社外キャブ取付で排気ガスが濃く車検が通らない場合をはじめ、燃調不良による黒煙発生。刺激臭の低減、サイレンサー内のウール詰まり軽減等に利用できます。

●備考
至上最強のレースといわれるドラッグレースにおいて、過去7度のチャンピオンに輝かくプロドラッグ。ワークスマシンをはるかに凌ぐパワーと加速力。また、今まで不可能と言われた3次元チタン曲げ、世界初のメタルチタン、ナノテクノロジーを駆使した光触媒等、数々の最先端技術。これらはドラッグレースという極限の環境で鍛えられ、進化したノウハウとテクノロジーであり、プロドラッグレーシングで基本設計を行い、提携する世界最先端技術を有する各企業でパーツの開発、生産を行う為、超軽量にして高強度を誇り、芸術品とも呼べるクオリティを実現しました。

●ご注意
※ワンオフでのマフラー製作も受け付けております。パイプ1本からのリペア、クリーニング&色出しOK!
※登録商標、意匠登録申請済み。
※商品の仕様などは、改良のため予告なく変更する場合があります。
※車検時には、車種年式等により排ガス成績表が必要な場合があります。

●写真注意
画像はサイレンサーのイメージ画像です。実物と異なって見える場合があります。

車種 年式 型式・フレームNo. その他
XJR1300 2008〜

※その他の適合車種については、メーカーサイトなどをご覧ください。

yhziy yhziz yhziu yhziw yhzif yhzig yhzia yhzii yhzij yhzjh
ナイロン製

夏にしかウェーディングしない場合は、薄手のもので十分でしょう。ナイロン製の安いものは、夏場だと暑いです。まず、ウェーディングゲームをはじめたいという方には、やすいのでおすすめです。

ゴアテックス製

夏場の暑いときなどは、蒸れないのでゴアテックスがお勧めです。

ネオプレーン製

夏以外のシーズンははネオプレーン製がおすすめです。ネオプレーンは冬場でも暖かいのが特徴です。基本的には、断熱効果は厚さが厚いほど効果が大きくなります。価格も概この厚さで決まっています。東京湾であれば、真冬でも水温が5℃前後あるため、潮が動くタイミングの数時間だけのウェーディングであれば、インナーとカイロを使用して3.5mm程度の厚さのものであれば凌げると思います。

靴族

ブーツタイプの靴底はフェルトでできています。フェルトピンのあり無しで2種類に分類できます。ブーツタイプのウェーダーはでは、汎用性を考えフェルトでピンつきのタイプを選ぶことをおすすめします。

ブーツタイプ

ブーツタイプのウェーダーの場合、M、L、XLというような表記で販売されています。足のサイズは、各社微妙に異なるため試着して確かめましょう。

嬰ガード付はワンサイズ上を選択!

嬰(エイ)ガードを履くつもりであれば、その分のサイズアップが必要です。靴下タイプのエイガードを履くつもりであれば、先にエイガードを購入して試着時に試しましょう。

嬰(エイ)ガードが準備できない場合は、防寒用の厚手の靴下を履いてサイズの確認をしてみてください。シーバスのウエーディングはあまり長距離を移動しないため、大きめのサイズを選んでおくのも1つの方法です。

ソックスタイプ

ソックスタイプは、靴のサイズを合わせればOKです。

おすすめのウェーダーは!?

おすすめのウェーダーは、アウトドア通販サイト『ナチュラム』の売れ筋ランキングをご紹介させて頂きます。

まとめ

ウェーダーを使用する時期は秋~冬がメインになります。従ってネオプレーン製のものを準備しておけば、とりあえずはいいかなぁと私は考えています。

世界征服馬券術「スポットワールド」



この馬券術は、お伝えして来た通り、競馬の知識や経験などは問いません。

競馬のスタイルも関係ありません。

穴党には新しい武器のひとつに、本命党には避けるべく荒れるレースの指針となる馬券術です。

馬券術といっても難しい理論ではないので、すぐに実践で使えますし、効果を発揮します。

過去レースでの練習や専門のソフトを使用するといったこともありません。

必要なのは出馬表とJRAのサイトのみ。

では、さっそく馬券術をまとめた教材の中身を紹介しましょう。


Drag XJR1300用 PRO プロドラッグ フルメタルフルエキゾースト 仕様:メタルブラックサイレンサーマフラー マフラー本体 XJR1300 マフラー

約90分の動画教材です。

テキストで学びたい人もいるでしょうから、PDF資料も用意しました。

全部で101ページあります。

お伝えして来た通り、秘密の法則はシンプルなものですが、初心者でもわかりやすいように丁寧に解説したのでボリュームが出ています。

また、過去レースの事例もたくさん入れてありますので、理解を深める事もできますし、更に高みを目指す競馬マニア向けのヒントも散りばめていますので、あなたの新しい武器となることと思います。

特に、教材で解説している5つの法則は必ず押さえておいて欲しいところです。

「何が」、「いつ」、「どのように」繰り返しているかパターンさえ把握しておけば、見落とす事もなくなるでしょうし、何より自信を持ってレースに臨む事ができるので、的中させた時の爽快感はあなたの想像以上です。

あなたの馬券力をアップさせる心強い味方となることは保証しますので、楽しみにしていて下さい。

期待は裏切りません。

最新記事

木に住む家 Kisumu

作業スペースとしての小屋を提案されています。
なんか小さい雑貨屋とかをイメージするオサレなデザイン。

内部には低いながらロフトもあり、作業の合間に仮眠とかできる仕様。

HANDS WORK BOOTH【東急ハンズ】

東急ハンズプロデュースの小屋です。もうコンテナみたいな形状になっていて、
クレーンで運んで設置して完了というお手軽な小屋です。

これも、入り口の開口部分が広くとれるので、趣味の作業部屋として使い勝手はいい感じです。もしくは子供部屋にも使えますね。

240万円というプライスタグを付けていましたが、当日は40万引きの200万円で販売してました。プロトタイプなのでということでした。

Cスタイルハウス

軽量な鉄骨でつくっているというのが売りの小屋です。
なんともオサレな佇まいで、入るのに勇気が入ります。

何かのショールームをイメージしているんすかね。組み合わせはいろいろある様で、小屋から一戸建てまで色々対応してるようです。

店舗としての小屋に使いたい感じですね。

MAKET CABIN-01

サテライト会場にあった小屋です。

ホームセンターに売っている一般的な材料を組み合わせて建てた小屋です。
DIYで簡単に作れるように設計されています。
キットで販売されているので、購入して自身で好きなように組み立てるというモノです。

細部を見ていくと、労力を最小にしつつ、カタチを作ろうという気持ちが見えてきます。
作りが簡単なんで、家族で一緒になってDIYしていくのが楽しそうな小屋です。

もうちょっと見ていく?

整列の基準となっているものを確認してみよう

整列はキーオブジェクトなどを指定しない限り、基本的にアートボードが基準となり、選択したオブジェクトが整列させられます。

実際に整列パネルの隠れているオプションを開き、整列の基準となっているものを確認してみましょう。

ね。アートボードにチェックが入っていることが確認できましたね。

ここからわかることは、さっきの整列操作はアートボードを基準として、選択したオブジェクトを整列させていたんだな、ということがわかると思います。では次は、基準をアートボードではなく、自分の作成したオブジェクトを キーオブジェクト(整列の基準となるオブジェクト)化 して、整列をやっていきましょう。

 

キーオブジェクトを基準に整列させてみよう

先ほどはアートボードを基準に整列操作を行いましたが、今度は キーオブジェクトを基準にして選択したオブジェクトを整列 させてみましょう。

 

オブジェクトをShiftキーを押したまま選択したりすることで(オブジェクトを複数選択する方法は、オブジェクトの選択と解除の記事を参照)、オブジェクトの複数選択ができましたね。 オブジェクトを複数選択している時、そのどれかひとつをキーオブジェクトとして、選択することが出来 ます

 

特徴として、 キーオブジェクト として、選択されたオブジェクトは 太い青いボーダーで囲まれます このキーオブジェクトを基準にして、整列を行うことが出来ます。具体的にやっていきましょう。

まずは、赤い長方形ツールとグレーの長方形ツールを作成してみましょう。

 

そしたら、赤い長方形ツールを右クリックして重ね順を最前面にしておきます。

(赤い長方形オブジェクトを整列したときに、グレーの長方形オブジェクトの下に隠れてしまうのを防ぐためです)

 

赤い長方形オブジェクトの重ね順を最前面にできたら、赤い長方形オブジェクトとグレーの長方形オブジェクトを複数選択しましょう。 複数選択し終わったら、グレーの長方形オブジェクトをクリックしてキーオブジェクト化します。

関連記事