MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R ホイール関連 MARCHESINI

95894273

MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R ホイール関連 MARCHESINI

MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI

■商品番号
F611.614GC

■商品概要
フロントリムサイズ:3.50-17
リアリムサイズ:6.00-17
素材:鍛造用マグネシウム(Mg) ZK60A
製造法:鍛造製法 (Forged)/アルマイト仕上げ
付属品:アルミニウム製エアバルブ(ストレート仕様)

●スクエアタイプ・ダンパーシステム採用
●JWL規格適合品


カラー:ITALY GOLD(ゴールドメタリック)

マルケジーニホイール専用スプロケットはこちら
ベアリングはこちら
オイルシールはこちら
エアバルブはこちら
マグネシウム鍛造ホイール用リムステッカーはこちら
M10R Corse用ダンパーラバーはこちら
重量データはこちら(※重量データが未掲載の車種がありますのでご了承ねがいます。)

■適合車種
▼KAWASAKI
ZX14R 【年式】12-
ZX14R 【年式】12-【適合その他情報】ABS

■注意点
※専用スプロケットは別売扱いとなります。
※画像はスポーク形状のイメージのため、ハブの形状は車両によって異なる可能性がございます。
※各色の画像(画像5)はイメージです。ホイールの色は撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。
※一部のホイールはダンパーシステムがリングタイプ仕様となります。



MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト
MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R
MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R ウェビック2号店
MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R


MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R                                                                                                                             ホイール関連 MARCHESINI :21830683:MARCHESINI マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール M10R Corse コルサ ホイール本体 KAWASAKI ZX14R 通販サイト
*他サイトのためヤフーの警告が表示されますがそのままお進みください。
*情報が表示されない場合はメーカお取り寄せ品となります。
多くの実績に裏付けされた性能と信頼性、そして常に改良を繰り返しながら熟成の域に達した鍛造製マグネシウムホイール…
“M10R Corse”
このホイールは鍛造製ホイールデザインの理想型と言える「Y字構造5×10スポーク」のデザインを採用し、断面構造の活用レベルを最大限引き上げるためのスポーク部分を中心とした徹底した軽量化工によってレーシングホイールとしての高い資質を誇ります。
◆詳細製品スペック◆
【腐食防止処理】
陽極酸化処理による腐食防止表面保護膜形成
【製造法】
[鍛造製法 Forged ]
・熱間鍛造
・専用金型採用(Exclusive Mold)
・多方向同時プレス鍛造(Total Formed Forging System)
・15000t級鍛造プレス
・CNC(コンピュータ制御)による最終形状切削加工仕上げ
【デザイン】
[5×10本“Y字”スポーク]
・軽量化と剛性値の理想的なバランスを確立したレーシングデザイン採用。
【基本構造】
[ハブ]
フロント/リアともに「中ぐり切削加工(画像6)」を施した中空ワンピース構造を採用。
※フロントホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像7:ディスクアタッチメント無)」を採用する仕様があります。
※リアホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像8)」を採用しています。
[スポーク]
基本フォルム(断面形状設計・軽量加工処理)はレーシングホイールデザインをダイレクトに採用。
[リム]
MT型チューブレス構造
※使用目的への適応のため、ストリート/レーシングでは設計内容が若干異なります。
【ダンパーシステム】
スクエアタイプ・ダンパーシステム採用(画像9)。
機能性と耐久性を兼ね備えたダンパーシステム。
一部のホイールはリングタイプ仕様となります。
【関連部品】
ホイールを構成する部品素材は主にA7075系(超々ジュラルミン)を採用CNC切削加工仕上げにより製作されます。
軽量化と信頼性の両立を実現すると同時に機能美にこだわったデザインを追求。
表面処理はアルマイト仕上げ。
【塗装】
マグネシウム素材に適応する下塗り(プライマー)処理を実施。
仕上げは耐久性に優れた高品質ウレタン塗装を採用。
【安全基準】
JWL規格を基準とした安全レベルをクリアーした製品です。
【製造国】
イタリア (MADE IN ITALY)
【製造メーカー】
Brembo S.p.A.
Via Brembo.25 24035 CURNO (BG) Italy
【鍛造:Forged】
現在製造されているマルケジーニホイール(※1)は、マグネシウム製・アルミニウム製ともに「鍛造製法」によってつくりだされています。
鍛造とは、古くは鍛冶屋(かじや)の技術に起源があり、金属を希望する輪郭(形状)になるまで各方向からハンマーでたたいて(=鍛えて)製品をつくり上げる製法を言います。
ホイールの鍛造製法は高温状態の金属を高圧プレスで圧縮して「ブランク材(※2)」を成型することから始まりますがその原理と目的は同じです。
鍛造品の代表的な特徴は、この工程を踏むことによる「金属諸特性(強度、伸び率など)の向上」にあり、ホイールの場合は軽量化と安全性の向上において大きな期待ができる製法と言えます。
鍛造品の技術的観点における基本性能は、金属中の結晶粒度および熱処理状態によって決定します。しかし本来、鍛造によって得られる最大のメリットは金属組織中に生じる「MFD(Metal Flow Direction=金属流れ)」にあり、鍛造品質はこの特性の活用レベルによって差を生じます。
MFD特性を理解し最大限に活用することこそが理想的な鍛造製品を完成させる上での王道であり必須条件となります。
(※1) 対象ホイールはアフターマーケット用ホイール。車両メーカー向けOEMホイールを除きます。
(※2)圧縮成型後の切削加工仕上げ前の鍛造品の原型と言える素材。●鍛造された金属組織断面イメージ
鍛造することによって金属組織中の結晶粒度が高まり、金属の諸特性(強度・伸び率など)は向上します。結晶粒度のレベルは鍛造プレスの能力(圧力)に依存します。
また、鍛造品には圧縮により変形を受けた方向に金属組織が整列するという特性があり、金属組織中には植物の繊維や木材の木目のようなイメージのMFDがつくり出され、一般的に金属諸特性はMFDの方向と直角方向に最大値を示します。結果としてホイールという部品にとって理想的なMFD特性を与えた鍛造品をつくりあげることが性能向上の鍵を握っているのです。●多方向同時プレス鍛造法(Total Formed Forging System)
マルケジーニはMFD特性を最大限に活用した高品質鍛造品をつくりだすために専用鍛造金型(Exclusive Mold)を用いた多方向から圧縮が可能なプレス設備により鍛造をおこなっています。
このシステムの採用によってホイールという部品の各部の性能・信頼性を高めることができるのですが、その中でも最も有効な部分はリム部分の性能向上にあります。リムに作用する基本的な負荷(衝撃・荷重)は路面からほぼ直角に入力しますが、この鍛造法によってリム部には入力方向に対して最大値を示すMFDが形成されますので、軽量化と信頼性(耐久性)を高い次元で両立することができます。【構造:Structure】
マルケジーニから提供されるアフターマーケット向けホイールは、レーシングホイールはもちろんのこと、ストリート用ホイールについても“ハイパフォーマンス”の追求を最優先した設計・開発がおこなわれています。
ここではリアホイール(M10R Corse)のカットモデルを参考とした各部の解説をおこないます。
●ハブ部
ハブ内径を可能な限り大きく設計することがポイントとなります。その基本的な理由はハブ内径を大きく設計すること=ハブ剛性向上およびスポーク長さの短縮につながり、軽量と高剛性を両立できるからです。 ホイール全体の土台と言えるハブ構造に対するマルケジーニの設計思想は一貫しており、CNC切削加工によって最終仕上げがおこなわれる現在の鍛造ホイールにおいても、ハブ内部を手間のかかる「中ぐり加工」を施すことによって、軽量・高剛性の大口径中空ワンピース構造に仕上げています。
●スポーク部
スポークとはリムを支えるための柱であり、その構造によってリム部の軽量化と剛性に差が生じます。基本的にはスポーク本数が多いほどリム部軽量化に有利と言えますが、その理由はスポーク間距離が短くできるという単純なものです。ただし単にスポーク本数を多く設計したのではスポーク自体の質量が増えてしまい、ホイールの高性能化においてはマイナス要因となります。そのためリムの軽量化を目指しながらもホイール全体の剛性バランスなども含めた設計が要求されるのですが、マルケジーニはこの条件に真正面から向き合い、切削の難易度やコストが上昇することを承知した上で性能を最優先するためのスポークデザインと断面構造を追及しています。
●リム部
高性能ホイールにとってリム部分は回転慣性重量(モーメント)軽減のために最も軽量化を達成したい部分です。その効果はモーターサイクルという乗り物にとっては特に有効と言えますが、リムの軽量化は強度・耐久性(安全性)の観点からはとても慎重な設計が求められます。現在のマルケジーニホイールはハブおよびスポークとの総合的なバランスを追求することによるリム軽量化と同時に、理想的なMFD(Metal Flow Direction=金属流れ)を形成することのできる独自の鍛造製法を採用することによって、強さと軽さを兼ね備えたリム構造を確立しています。
●フィッティングパーツ
スプロケットホルダー・ディスクアタッチメント・サイドカラーといったホイールを構成する各部品は、ジュラルミン素材(A7075/A2017)をCNC切削加工することによって製作されています。関連部品の設計においても、こだわりをもって軽量化と機能美を追求しています。

yhziy yhziz yhziu yhziw yhzif yhzig yhzia yhzii yhzij yhzjh
ナイロン製

夏にしかウェーディングしない場合は、薄手のもので十分でしょう。ナイロン製の安いものは、夏場だと暑いです。まず、ウェーディングゲームをはじめたいという方には、やすいのでおすすめです。

ゴアテックス製

夏場の暑いときなどは、蒸れないのでゴアテックスがお勧めです。

ネオプレーン製

夏以外のシーズンははネオプレーン製がおすすめです。ネオプレーンは冬場でも暖かいのが特徴です。基本的には、断熱効果は厚さが厚いほど効果が大きくなります。価格も概この厚さで決まっています。東京湾であれば、真冬でも水温が5℃前後あるため、潮が動くタイミングの数時間だけのウェーディングであれば、インナーとカイロを使用して3.5mm程度の厚さのものであれば凌げると思います。

靴族

ブーツタイプの靴底はフェルトでできています。フェルトピンのあり無しで2種類に分類できます。ブーツタイプのウェーダーはでは、汎用性を考えフェルトでピンつきのタイプを選ぶことをおすすめします。

ブーツタイプ

ブーツタイプのウェーダーの場合、M、L、XLというような表記で販売されています。足のサイズは、各社微妙に異なるため試着して確かめましょう。

嬰ガード付はワンサイズ上を選択!

嬰(エイ)ガードを履くつもりであれば、その分のサイズアップが必要です。靴下タイプのエイガードを履くつもりであれば、先にエイガードを購入して試着時に試しましょう。

嬰(エイ)ガードが準備できない場合は、防寒用の厚手の靴下を履いてサイズの確認をしてみてください。シーバスのウエーディングはあまり長距離を移動しないため、大きめのサイズを選んでおくのも1つの方法です。

ソックスタイプ

ソックスタイプは、靴のサイズを合わせればOKです。

おすすめのウェーダーは!?

おすすめのウェーダーは、アウトドア通販サイト『ナチュラム』の売れ筋ランキングをご紹介させて頂きます。

まとめ

ウェーダーを使用する時期は秋~冬がメインになります。従ってネオプレーン製のものを準備しておけば、とりあえずはいいかなぁと私は考えています。

世界征服馬券術「スポットワールド」



この馬券術は、お伝えして来た通り、競馬の知識や経験などは問いません。

競馬のスタイルも関係ありません。

穴党には新しい武器のひとつに、本命党には避けるべく荒れるレースの指針となる馬券術です。

馬券術といっても難しい理論ではないので、すぐに実践で使えますし、効果を発揮します。

過去レースでの練習や専門のソフトを使用するといったこともありません。

必要なのは出馬表とJRAのサイトのみ。

では、さっそく馬券術をまとめた教材の中身を紹介しましょう。


KAWASAKI Corse M10R ホイール本体 MARCHESINI ZX14R ホイール関連 コルサ マルケジーニ マグネシウム鍛造ホイール

約90分の動画教材です。

テキストで学びたい人もいるでしょうから、PDF資料も用意しました。

全部で101ページあります。

お伝えして来た通り、秘密の法則はシンプルなものですが、初心者でもわかりやすいように丁寧に解説したのでボリュームが出ています。

また、過去レースの事例もたくさん入れてありますので、理解を深める事もできますし、更に高みを目指す競馬マニア向けのヒントも散りばめていますので、あなたの新しい武器となることと思います。

特に、教材で解説している5つの法則は必ず押さえておいて欲しいところです。

「何が」、「いつ」、「どのように」繰り返しているかパターンさえ把握しておけば、見落とす事もなくなるでしょうし、何より自信を持ってレースに臨む事ができるので、的中させた時の爽快感はあなたの想像以上です。

あなたの馬券力をアップさせる心強い味方となることは保証しますので、楽しみにしていて下さい。

期待は裏切りません。

最新記事

木に住む家 Kisumu

作業スペースとしての小屋を提案されています。
なんか小さい雑貨屋とかをイメージするオサレなデザイン。

内部には低いながらロフトもあり、作業の合間に仮眠とかできる仕様。

HANDS WORK BOOTH【東急ハンズ】

東急ハンズプロデュースの小屋です。もうコンテナみたいな形状になっていて、
クレーンで運んで設置して完了というお手軽な小屋です。

これも、入り口の開口部分が広くとれるので、趣味の作業部屋として使い勝手はいい感じです。もしくは子供部屋にも使えますね。

240万円というプライスタグを付けていましたが、当日は40万引きの200万円で販売してました。プロトタイプなのでということでした。

Cスタイルハウス

軽量な鉄骨でつくっているというのが売りの小屋です。
なんともオサレな佇まいで、入るのに勇気が入ります。

何かのショールームをイメージしているんすかね。組み合わせはいろいろある様で、小屋から一戸建てまで色々対応してるようです。

店舗としての小屋に使いたい感じですね。

MAKET CABIN-01

サテライト会場にあった小屋です。

ホームセンターに売っている一般的な材料を組み合わせて建てた小屋です。
DIYで簡単に作れるように設計されています。
キットで販売されているので、購入して自身で好きなように組み立てるというモノです。

細部を見ていくと、労力を最小にしつつ、カタチを作ろうという気持ちが見えてきます。
作りが簡単なんで、家族で一緒になってDIYしていくのが楽しそうな小屋です。

もうちょっと見ていく?

整列の基準となっているものを確認してみよう

整列はキーオブジェクトなどを指定しない限り、基本的にアートボードが基準となり、選択したオブジェクトが整列させられます。

実際に整列パネルの隠れているオプションを開き、整列の基準となっているものを確認してみましょう。

ね。アートボードにチェックが入っていることが確認できましたね。

ここからわかることは、さっきの整列操作はアートボードを基準として、選択したオブジェクトを整列させていたんだな、ということがわかると思います。では次は、基準をアートボードではなく、自分の作成したオブジェクトを キーオブジェクト(整列の基準となるオブジェクト)化 して、整列をやっていきましょう。

 

キーオブジェクトを基準に整列させてみよう

先ほどはアートボードを基準に整列操作を行いましたが、今度は キーオブジェクトを基準にして選択したオブジェクトを整列 させてみましょう。

 

オブジェクトをShiftキーを押したまま選択したりすることで(オブジェクトを複数選択する方法は、オブジェクトの選択と解除の記事を参照)、オブジェクトの複数選択ができましたね。 オブジェクトを複数選択している時、そのどれかひとつをキーオブジェクトとして、選択することが出来 ます

 

特徴として、 キーオブジェクト として、選択されたオブジェクトは 太い青いボーダーで囲まれます このキーオブジェクトを基準にして、整列を行うことが出来ます。具体的にやっていきましょう。

まずは、赤い長方形ツールとグレーの長方形ツールを作成してみましょう。

 

そしたら、赤い長方形ツールを右クリックして重ね順を最前面にしておきます。

(赤い長方形オブジェクトを整列したときに、グレーの長方形オブジェクトの下に隠れてしまうのを防ぐためです)

 

赤い長方形オブジェクトの重ね順を最前面にできたら、赤い長方形オブジェクトとグレーの長方形オブジェクトを複数選択しましょう。 複数選択し終わったら、グレーの長方形オブジェクトをクリックしてキーオブジェクト化します。

関連記事